タンス 運送 料金

タンスの運送料金|安く送るための方法

引越し タンス

タンス 配送

タンス 運送

タンス 送る

タンス 郵送

 

箪笥の引越しにお困りですか?

 

箪笥を運んでくれる業者には、引越し業者、宅配業者、便利屋などが思いつくと思います。
この中で1番安く運んでくれる業者が実は引越し業者なのです。

 

なぜでしょう?

 

それは引越し業者の数が圧倒的に多いからです。

 

箪笥を運んでくれる宅配業者はあまりありませんし、便利屋という仕事もあなたのお住いの地域には数件しかないと思います。
数でいえば引越し業者が1番多く競争も激しいのです。

 

1番安い引越し業者を選ぶには、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

箪笥 運びたい

 

一度にあなたのお住いの地域にある引越し業者から見積もりを取ることができ、相場はもちろん1番安い業者を探すのにも便利です。

 

婚礼家具の和箪笥セットは大きくて重いけれど、思い入れがあって処分しにくい家具でもあります。
スーツを入れるクローゼットも大きいため、自分で運ぶのは危険です。

 

タンスだけの引越しでも、引越し業者は運んでくれますので是非ご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し業者のオプションとは?

 

タンス引越し オプション

 

人件費や交通費、それにオプション費用が加わったものが引越し料金です。
そして引越し業者が行うオプションとは次のようなもので、有料のサービスとなります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションの中で多いのはエアコンの移設です。
エアコンはもともと賃貸の部屋に付いていないところも多いので、その場合は自分で購入して取り付けます。
自分で購入したものですから、誰だって新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

しかしエアコンはコンセントを抜けば運ぶことができる家電ではなく、電気事業者でないと取り外しができません。
自分で電器屋に連絡して外してもらうことも出来ますが、引越し前と後に1回ずつ手配しなければならないので面倒です。

 

しかし、引越し業者であればその必要がありません。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単にできますよ。

 

荷物の一時預かりをするのは、リフォームや建替えで一時的に引越しをする方々が多いです。
家具の置き場所のために大きな物件を借りる必要が無くなるので、経済的。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

レンタカーのトラックでタンスを運ぶ

 

引越し レンタカー トラック

 

トラックをレンタルして自分でタンスを運ぶと費用が安いんじゃないかと思ったことはありませんか?
レンタカーでタンスを運ぶ条件は@距離が近いこと A手伝ってくれる人手があることなどがあります。

 

まず配送先があまりに遠いとレンタカーでの運搬は難しいです。
往復の交通費とガソリン代がかかり、体力もかなり必要です。
レンタカーは借りた営業所と違う営業所に返すこともできますが、手数料がそれなりに高いです。

 

タンスをトラックの荷台に運ぶのを手伝ってくれる人がいるといいですね。

 

最初に言った通り、レンタカー引越しは安くなるイメージがありますがどうなのでしょう?

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいでしょうか。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかります。
これだけで運ぶことができるなら、安いと言えますね。

 

しかし注意しないといけないのは、配送中にうっかりタンスを落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
無理矢理引きずって家具を動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの引越しは近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越しの準備と手順

 

引越し 手順

 

引越しの際にはすることがたくさんあります。
どんなことがあるのか知っておくと便利です。

 

<引越しがわかったらすぐ>
・賃貸物件の解約
・新居の契約
・不用品の処分
・荷物の梱包

 

<2週間前>
・郵便物の転送届
・新聞や牛乳・食材宅配サービスなどの住所変更
・電話やネットの移設
・転出届の提出(市外引越しの場合)
・電気・ガス・水道の移設手続き
・銀行の住所変更
・NHKの住所変更

 

<引越し前日までに>
・冷凍冷蔵庫を空にしてコンセントを抜いて水を抜く。
・貴重品や現金、通帳などの大事なもをまとめ、自分で管理する。
・パソコンや写真などのデータはバックアップを取っておく。
・ストーブなどの灯油を抜く。

 

<引越し当日>
(前の住所)
・大掃除と
・電気のブレーカーを落とす。
・ガスの大元の栓を立ち合いのもとで止める
・電気・ガス・水道料金の精算
(新しい住所)
・電気・ガス・水道の開設
・管理人や近所への挨拶

 

<引越し後2週間以内に>
・(市外引越しの場合)転入届を出す
・(市内引越しの場合)転居届を出す
・運転免許証の住所変更
・自動二輪や自動車の車庫証明書の住所変更

 

この他にも小中学生のお子さんがいるなら転校届、ペットを飼っている人はペットの登録変更届などが必要です。

 

 

引越し費用と時期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があり、この時期の引越し業者はどこも1年で一番忙しいです。
ですからのんびりして引越しの準備が遅いと、引越しをしてくれる業者が見つからないという事態が本当にあり得る時期です。

 

しかも昨今の、物流の急激な変化により大型トラックの運転手不足が大問題となっています。

 

最悪の場合、見積もりすらもしてもらえないような大変な時期なのです。
繁忙期に引越しする方は、早く物件を探して見積もりを取って、引越し業者との契約まで済ませておきましょう。

 

繁忙期は3月ですが、引越しが集中するには訳があります。

 

4月の新学期を前に新大学生や新社会人が入寮したり、ひとり暮らしを始めるのです。
また春の人事異動で転勤となったサラリーマンの引越しも重なって、とにかく移動する人が多いのです。

 

よってこの時期の引越し費用は他の時期よりも高いです。
引越し業者はスタッフを増員したり、残業したりするため、人件費がアップするからです。

 

繁忙期の引越しは避けられるのであれば、避けてくださいね。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ごみ

 

タンスも古くなると扉が開きにくくなったりガタがきます。
新居の雰囲気に合わない、新居の広さにマッチしていないなどの理由で廃棄を考える必要があります。

 

引越しはタンス処分や買い替えのチャンスです。ほかにもいらない家具や家電は処分しましょう。
実はこれらの粗大ごみは処分が少し手間なので、不法投棄や不適切処理、ずさんな処理をされて火災なども問題となっています。

 

一辺が50センチ以上あるもの、家具類、ベッド・マットレス、マッサージチェア、チャイルドシート、スキー板、自転車などは粗大ごみです。
ただし、50センチ以下でも石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスコンロ・電子レンジなどの爆発する危険のあるものは粗大ごみとして処理されます。

 

これらの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設(リサイクルセンターやリサイクルプラザなど)に電話をかけて、回収日を予約します。

 

次にスーパーやコンビニで売っている「粗大ごみシール」を回収手数料分買います。料金は捨てたいものによって異なります。
このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれるという仕組みです。
ちなみに粗大ごみシールは、粗大ごみ1個につき1枚必要です。貼っていないものは回収してくれません。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を伝えますのでメモなどを作っておきましょう。
あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。身分証の提示があると思うのでご用意ください。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

それといくつか例外の家電があります。

 

家電リサイクル法で定められている家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店、もしくは買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

リサイクル料は家電によって異なりますが、1000〜5000円くらいです。
もし家まで回収に来てもらう場合は回収費もかかります。
買い替えを検討していない、お店がすでに閉店している、お店が近くない場合などは、お住いの自治体に相談してみましょう。