タンス 運送 挨拶金

引越しと近所への挨拶

引越し 挨拶

 

引越しの時にご近所へ挨拶には行かれますか?
結論からいいますと、あいさつには行ったほうがいいです。

 

しかも引越し当日、遅くとも翌日までに行くのがオススメです。

 

引越し作業が落ち着いたら行こう・・・と思われるかもしれませんが、挨拶に行くのは早いほうが良いです。

 

そんなに早く行くのが一般的なのかと驚かれるかもしれませんが、家を出たらまだ挨拶をしていないのにお隣さんにバッタリ会ってしまい、「こんにちわ」と言われたらどうですか?
その後「引越しのご挨拶に来ました」というのもなんだか気まずいですね。

 

それに引越し作業でトラックを長時間道路に停めたり、スタッフの足音が響いたり、多少は迷惑をかけるかもしれません。
挨拶はそういう謝意の意味もあるのです。

 

何も持たずに挨拶行かれる方もいますが、御挨拶の品を持って行ったほうが行きやすいです。
高価なものは必要ありません。

 

500円程度のお菓子やお茶、タオルや洗剤などの消耗品でいいと思います。
もし熨斗を付ける時は、「御挨拶」と「名前」を記載しましょう。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートなら上下左右の4部屋に、一軒家なら向こう3軒両隣の計5軒です。

 

つまり自分の家の周りのお宅ということですね。

 

あとは管理人さんや大家さん、自治会長さんなどがお近くにお住いなら挨拶しておくといいですよ。
一軒家なら自治会の集まりは大事ですしゴミ集積場の清掃当番のこともありますから、自治会長さんにあいさつしておくと良いかと思います。