引越し 自宅 リフォーム

引越しと自宅のリフォーム

引越し リフォーム

 

家のリフォームや建て替えの時はしばらく仮住まいに引越ししなければなりませんね。
絵のように荷物を2回移動させなければならないので、引越し費用がかさみます。

 

ところで一軒家の荷物をすべて仮住まいに移そうとすると、かなり広い賃貸物件が必要になります。
広い賃貸物件は家賃が高いので、勿体無いですね。

 

リフォームが終了するまで貸し倉庫を借りるという方法もありますが、貸し倉庫を借りるのには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料など細々とした費用がかかります。

 

それにやはり一軒家の家財を入れるとなると大きめの倉庫が必要になりますね。

 

引越し業者には家財を一時的に預かる「一時預かりサービス」があるところがあります。
有料のオプションで行っています。
保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などがかかりますが、貸し倉庫を借りるより手間は少ないです。

 

検討される方は、見積もりの際に問い合わせてください。

 

荷物を保管するにも運搬するにも費用がかかりますので、不用品なのであれば家の建て替えやリフォームを機に思い切って処分することも考えてくださいね。

 

ところで仮住まいを探す時は不動産会社に「リフォームによる短期での契約」であることを伝えてから探してもらいましょう。
契約してから短期であることがわかると、退去の際に違約金を請求されることがあるそうですので、契約の際にしっかり確認してくださいね。